免费观看A片在线视频,免费啪视频观试看视频,免费啪视频在线观看视频

<code id="lzawc"><em id="lzawc"><track id="lzawc"></track></em></code>

    <strike id="lzawc"></strike>
  1. <code id="lzawc"><menu id="lzawc"></menu></code>
    <del id="lzawc"><small id="lzawc"></small></del>
    <code id="lzawc"><small id="lzawc"></small></code>
  2. <del id="lzawc"><small id="lzawc"></small></del>

    1. <th id="lzawc"><sup id="lzawc"></sup></th>
    2. <code id="lzawc"><small id="lzawc"></small></code>

      <code id="lzawc"><small id="lzawc"><track id="lzawc"></track></small></code>
      1. <code id="lzawc"><nobr id="lzawc"><track id="lzawc"></track></nobr></code>
        ?

        協立化學産業株式會社

        • 製品
        • 実績紹介
        • 技術情報
        • 協立化學産業について
        • お問い合わせ

        光學 / 機能性

        透過率や屈折率の制御技術といった、光學部材の組立に適した技術群。高耐久化技術や可視光硬化技術といったプロセス対応技術も展開

        透過率 / 屈折率制御技術

        • 光學部材同士の接合を可能とする技術です
        • 100%に近い高い可視光透過率の実現や、各種部材の持つ屈折率にあわせた屈折率の調整が可能です

        低歪化技術

        • 大口徑レンズ同士の接合などに対応するための技術です
        • 樹脂の柔軟化技術や収縮率の抑制技術、液性調整技術などを複合化することで実現されています

        プロセス適正向上技術

        • 従來のUV硬化樹脂よりも短い時間で硬化を完了する「速硬化技術」や、UV波長域外の光でも硬化することのできる「可視光硬化技術」などの各種技術により、プロセスの短縮など作業効率を高めることが可能です
        • UV光をカットする機能性光學多層膜などをコーティングした光學部材の固定などにも対応します

        技術適用事例:カメラレンズ組み立て用各種接著剤

        レンズ接合用の光學機能性樹脂を始め、鏡筒組み立て用の各種接著剤にこれらの技術が応用され、取り入れられています

        技術適用事例:カメラレンズ組み立て用各種接著剤
        関連リンク
        免费观看A片在线视频,免费啪视频观试看视频,免费啪视频在线观看视频
        <code id="lzawc"><em id="lzawc"><track id="lzawc"></track></em></code>

          <strike id="lzawc"></strike>
        1. <code id="lzawc"><menu id="lzawc"></menu></code>
          <del id="lzawc"><small id="lzawc"></small></del>
          <code id="lzawc"><small id="lzawc"></small></code>
        2. <del id="lzawc"><small id="lzawc"></small></del>

          1. <th id="lzawc"><sup id="lzawc"></sup></th>
          2. <code id="lzawc"><small id="lzawc"></small></code>

            <code id="lzawc"><small id="lzawc"><track id="lzawc"></track></small></code>
            1. <code id="lzawc"><nobr id="lzawc"><track id="lzawc"></track></nobr></code>